シロアリを退治する方法と予防するための方法

精油たっぷりの虫よけスプレーでシロアリ退治ができる

シロアリや羽アリは、室内に侵入できるスペースを探しそこから入り込むという手段を取っています。その侵入スペースに精油とアルコールを混ぜた液体を注入すれば、簡単に駆除を図ることができます。

特製液に必要な精油の種類

  • ヒノキ
  • ミント
  • ブルーガム
  • ティーツリー
  • ラベンダー

これらの精油と少量のアルコールを混ぜ合わせた液体を侵入口に流しましょう。効果を高めるために、精油を注入した後はラップなどで密封してください。密封しないと精油が蒸発してしまい、精油から逃げるために大量のシロアリが室内に入り込んでしまいます。

5年に1度は業者による点検も重要

駆除作業

床下に薬剤を散布しておけば、シロアリからの被害を大きく予防することができます。ですが、薬剤の効果は5年で切れてしまい、その後はシロアリ被害の予防効果はなくなっていきます。薬剤の効果が切れる前に、シロアリが発生しやすい箇所や木材に薬剤を散布してもらいましょう。それによって、長期的な予防をすることができ住宅を保護することができます。

5年間はシロアリの被害に遭うことなく、安全な状態ですか?
5年の効果がありますが、だからといって確実に被害を防げる訳ではありません。床下の地面の状態や空気の流れ、連日の雨による影響などによって変化します。また、薬剤を散布していない箇所から侵入し、木材を食べてしまうこともあります。「5年間は安全」と過信しないようにしましょう。

駆除業者に点検してもらうだけでなく、自分でも床下をチェックすることが大切です。薬剤を散布してもらうときに、担当スタッフにどこから発生するのか、どの木材を狙うかという点を聞いておきましょう。危ない場所を把握すれば、自分でもチェックすることができます。確認しておけば早期発見に繋がり、また被害を受けたとしても最小限に抑えることができます。

TOPボタン